HOMEKIDS>おかあさんの知恵袋【こどものしつけ】やっぱりあいさつは基本!!

2006年08月01日

【こどものしつけ】やっぱりあいさつは基本!!

夏休みになり、公園などで普段会わない幼稚園のお友達と会って遊ぶ機会が増えました。
そんな時、気になったのがあいさつ。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
が、言えない!
お母さんは一生懸命「ごめんなさいはっ!?何で言えないの!?」って怒るんだけど、言えないの。
会ったのが5歳の男の子だったから、時期的なものなのかもですが…。
お母さんもほとほと困り果ててました。
5歳くらいってプライド高くなって、なかなか謝れないのよね。
しかもこどものケンカってたいていは両成敗的なものだし、「おれは悪くない!わざとじゃないから謝らなくてもいい」って突っぱねちゃうのかも。

それでも相手が赤ちゃんやまだまだ自我の芽生えがない小さな子だったら「ごめんなさいうちの子が」「いいよいいよ、大丈夫」なんて親同士で済ませたりするけれど、年中さんともなれば話は別。
特に普段謝らない子のママはケンカの度にしつけるしかないので、私も「いいよいいよ」とは言わない。
そこでなあなあにしちゃったら、こどもも「ほ〜ら謝らなくてすんだじゃん」って余計謝らなくなって、結果ママが困ることになるから。

ケンカの仲裁で気をつけてるのは、とにかく両方のこどもの話を聞く。
泣かせた方が悪いとは限らないから要注意。
何があったのかじっくり聞き、
「ごめんね」「いいよ。○○もごめんね」「いいよ」で終われたら、ベストかな。
普段から遊んでて、相手の子の性格を知ってるときは、別の方法をとったりします。

どうしてもごめんねが言えない子は、代わりにママが謝るってのがセオリーだけど、私のオススメは「ママが一緒に謝るから、○○ちゃんもせーので謝ろうよ」と誘うこと。
こどもにも謝りたくない理由があるわけで、そこをきちんと「一緒に遊びたかったんだよね。でもわざとじゃないのは分かるけど…」とフォローしとけば、かなりの率で一緒に謝ります。
お試しあれ。

5歳くらいだと、親だけが謝るっていうパターンはあまり良くないかもな〜なんて見ていて思った。
「ご〜め〜ん〜ね!」みたいな、親からすれば「それが謝ってる態度か!」みたいなのでも、謝らないのとではかなり差がある気がする。
そこでこどもになめられたらイカン!
頑張ろう!うん。
とは言っても、問答無用、「お前が悪い!謝りなさいっ」って怒鳴るパターンもかなり、あるけどね…トホホ。
今のところ、息子は最後の最後には「ごめんね」するけど…いつまで素直に謝るやら。

そういえばこどもの言葉遣いも悪くてびっくりした。
ある子には下の子に向かって「ブス、デブ」と言われてかなりショックを受けました。
その子のうちで最近女の子の赤ちゃん生まれたばかりだから、嫉妬してるのかなあ。
言葉遣いは今から注意しておきたいな。
今の子は小さいときから親に向かって「なんだと、うるせーな」みたいなことを言うのね…
我が家なら「親に向かってなんて言いぐさだ!」と時代錯誤な叫びとともにゲンコツですよ…)`ε´( 

posted by モモカ at 23:50 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | KIDS>おかあさんの知恵袋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21791174
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。