HOMEKIDS>親ばか育児記【2人目育児】上の子の心のケア

2006年03月17日

【2人目育児】上の子の心のケア

どの育児本にも、「2人目が生まれたらとにかく上の子優先で」と書いてある。
私も分かってはいたんだけど、下の子が夜お父さんに抱かれると大泣きしてたりするので、なんとなく下の子優先生活になっちゃってました。
そして下の子が生まれてからと言うもの、めっきり体が弱くなってしまった上の子。
なんでかな〜なんて思っていたところへ、今度は頻尿。
一時間に一度くらい行く。
しかも誰かに宣言して、「行っていいよ」と言われないと行けない。
痛がる様子はないので膀胱炎ではなさげ。
ダンナ様がネットで調べたところ、原因は「心因性」の可能性が高いとのこと。
ようするにストレス。

私が妊娠してからと言うもの、常にイイ子であり続けたストレスが、体に影響を及ぼしている…

すごく、納得しました。
あり得る。
というかそれしか原因は考えられない。
考えてみたら、私もダンナ様も上の子に多くを求めすぎていたように思う。
全然お母さんを独占させてあげなかったし。
そして気が優しい上の子は、体が本調子でない私には言えずに体にため込んでしまっていたんだろうな。

ダンナ様と相談し、上の子愛護期間に入ることになりました。
オムツとおっぱい以外はとにかく上の子が先。
大好きだよっていっぱい言って、いっぱい遊ぶ。
今まで、テレビ好きをいいことに見させっぱなしだったなと反省。
昼間は下の子をばあばに見てもらい、母はなるべくムスコと一緒に。
最近は、聞き分けがなかったり今まで言わなかったようなワガママを言ったりしますが、なるべく叱らず、辛抱強く言い聞かせます。
(出かけるときに出かけない!とかお風呂に入らないとか)
育児本にも載ってましたが、ただのワガママと寂しさくる甘えの違いが分からない時は、
危ないことや社会的にダメなこと(順番を守らない、友達を叩くなど)以外は甘えさせてくださいとのこと。
甘やかしていたらワガママな子にならないかという心配はいらないって。
今は親の愛情を確認しているときで、心が満足すれば落ち着くとのこと。
ただでさえ甘えん坊で寂しがりなムスコ、でも幼稚園ではすごくしっかりしているわけだし、今ちょっとくらい甘やかしても平気だと私は思う。
子供を信じることに決めました。
頑張りやさんで優しい子だもん。

家族が疲れて寝込んでいるとき、大人しく一人で遊んでいてくれたよね。
まだたった四歳なのにね。すごいよキミ。
寝込んでいたときのツケが、お母さんの体にだって回ってきてるんだから、キミの体にだってきてるよね。
気づいてあげなくてごめんね。
今も寝言で泣いてます。
「いやぁ〜あ〜ん…いやぁ〜」
だって。
歯ぎしりもそういえばお母さんが寝込んでから始まったもんね。
そういえば、最近なんでもないことで泣くようになってたね。
すごくお母さんにまとわりつくようになってたね。
叱られると顔色を伺ったり、頭をかばったりしてたね。
寝言でよく泣いてたね。
心からの笑顔、ほんとにしてたかな。
親の顔色ばかり気にして、疲れさせてなかったかな。
都合よく親の言うことを聞く「いい子」だけが愛されるんだと言い聞かせてなかったかな。

愛情のエンプティーマークがずっと点灯してたのに、気づいてあげてなかったな…。


心のケア、大事にしよう。
無意識に子供に当たってないか、よく考えよう。
今この時期は、叱られる=自分の存在を否定されてる、と感じるのだから、そうじゃないことをゆっくり教えていこう。

愛してるから何を言ってもやっても平気なわけない。
子供のためだって言っても、それは自己満足であって、「どうして守らなきゃいけないか」をしっかり伝えないと意味がない。
脅かして言うことを聞かせることになんの意味があるだろう。
自分が子供だったら、嫌だ。
自分が愛されてる自信がなければ、親の言葉はただ恐怖だけ。
これは私にも経験があるからわかる。
親が笑っているから笑って、笑っているから嬉しくて色々言ったりやったりすると今度は叱られて…その時はもう、悲しいだけ。寂しいだけ。
叱られてる意味は理解できない。
嫌われてるのが悲しい。
そのうち心が疲れてくる。
自分に自信が持てなくなる。
そして、寂しくて寂しくて、自殺しかけた。
二階から飛び降りて、ねんざしただけだった。
多分、本気で死ぬ気じゃなかった。
親に心配して欲しかっただけ。
だけどうっかり間違ってたらほんとに死んでた。
もし、自分の子供が同じように感じていたらと思うとぞっとする。
絶対絶対嫌だ。

鍼の先生に言われた。
「お母さんはおうちの太陽。お母さんが元気じゃないと、お父さんも暗くなるし子供も暗い。逆にお母さんが明るければなんとかなる」。
そうだね、まずは元気にならねば!
家族のためにも健康に気をつけよう!

posted by モモカ at 08:46 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | KIDS>親ばか育児記
この記事へのコメント
反省[ゴメン]
本当にそうだね。読んでで泣いちゃった[…]
私も上の子に同じことしてたなぁ。
ついつい双子ちゃんにかまってお兄ちゃんは後になっちゃってる 今現在。
2歳になって妊娠発覚。2歳半でお兄ちゃんに。まだまだ甘えたい時なのに、お兄ちゃんだからできるよねって押し付けちゃってた[(汗)]まだ、できなくて当たり前なのにね。
今回、読んでてはっとしたよ。
ギュって抱きしめるだけじゃなくて、もっともっと一緒に遊んであげないとなぁ
本当 体が資本だね。元気じゃないと心に余裕が持てないもん(笑)
Posted by 架鈴 at 2006年03月17日 23:48
そうなんだよね。
誰しもがはまりこむ道なのかも。
わたしが第2子を妊娠したって告げた時、先輩から「絶対上の子を優先するんだよ。うちは失敗しちゃったから」みたいなことを言われたの。
わかってたつもりだったんだけどなあ。
旦那さんも、わたしが倒れたら大変だから
毎日叱ってたもの。
逃げ道がなかったのね。

ちなみに愛護週間5日目くらいですが、
だんだん落ち着いてきました。
2日目で宣言おしっこや頻尿は治った。
下の子のおもちゃを隠したり、変にかまったり…ってのもなくなった。
ききわけも、じぶんから「じゃああと一回だけやったら寝る」「お片づけしてからお風呂に入る」と言うように。
やっぱり甘えたかったのね…。
幼稚園に入ってしまえば、こうして日中べたべたすることもできなくなる。
これから先、ずっと。
あとたった数週間です。
思いっきり、蜜月を楽しもうと思ってます[ラヴラヴ]
Posted by 結城廉 at 2006年03月21日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。