HOMEKIDS>おかあさんの知恵袋目指せ、安産の道♪

2006年01月07日

目指せ、安産の道♪

人それぞれのお産があって、赤ちゃんが無事生まれれば安産に間違いはないんだけど、楽に産むのにこしたことはない。
そこで私なりの『安産法』を伝授してみようと思います(笑)。
というのも、3日微弱陣痛で苦しんでいた人に言ってみたところ、その日のうちに本陣痛が付き、初産で5時間というスピード産だった、という経験があったから。
私は陣痛がさっぱり付かず、全然痛くなかったのですが、微弱で何日も苦しむ人は本当に大変そうでした。
そういう時に、ちょっと思い出していただけたらと思います。






まず、初産の場合「陣痛ってどんなものか分からない」ってのがあると思います。
これにも個人差はあるけど、たいていは生理痛と同じ。
腹痛と腰痛です。
なんか、おなかの中、内臓がぐーっと下に押さえつけられたり、腰をギリギリ締め付けられるような感じがするわけです。
はじめは陣痛ってのは不規則に来ます。
10分〜30分おきに数10秒とか。
ここで「痛い」と思っても、体を堅くしないことがポイント。
ゆっくり息を長く吐いて、下半身の力を抜く。
感じている痛みは赤ちゃんが降りようとしている痛みですから、そこで身体を堅くしちゃうとせっかく降りてこようとしている赤ちゃんを筋肉が押し止めることになります。
赤ちゃんが降りてこなければ子宮口も開かない。
お産で何が一番辛いって、陣痛が来てるのに赤ちゃんが降りてない(または子宮口が開いてない)ためにいきめないことだと思います。
時間も長引くしね。
痛みが来ているときに身体の力を抜くっていうのは、ちょっと意識しないと出来ない。
だけど、はじめの、まだ陣痛が来たての時からやっておけば、あとが格段に楽になります!
さすがに陣痛が1分間隔で来ちゃえばもうむずかしいけど、うまく行けばその頃には子宮口が全開大近くになっていて、さほどいきみ逃しをしなくてもお産になるはず♪
コツは「ふーーーー、ふーーーーーっ」って息を吐きつつ下半身の力を抜く。それだけです。
ラマーズ法は疲れるだけだったので二人目の時は私はしませんでした。
とにかく身体の力を抜くこと。
まだ陣痛が5分間隔の時なんかは、痛みの間好きな音楽を聞くのがおすすめ。
口ずさめるような、流行のポップソングとかね。
陣痛を待ってると、誰でも緊張しちゃうから。
音楽聞いてて、「来たな」と思ったら深呼吸する。
陣痛が来たら息を吐きながら身体の力を抜きましょう。
私は吐きながら「だら〜ん、だら〜ん」と頭の中で言い聞かせてました。
お産は、気力!
だから臨月になったら絶対寝不足は禁止です。
かなり辛いですよ。
一人目の時、一週間くらいまともに寝られなくていたら、ボーっとしてて産声なんかさっぱり覚えてませんから!(泣)
陣痛の間、気を失ってた気もするしな〜。
ちなみに私自身のお産はといえば、
一人目→破水後2日間陣痛が付かず、3日目に陣痛誘発剤にて誘発。
陣痛が付き始めたのは3時頃。
その後3時間半くらいで普通分娩にて出産。
二人目→何となくお腹がむずむずするような陣痛を感じ、診てもらうと子宮口が3p開いていたので入院。
2日待ったけれど陣痛が付かなかったのでまたまた誘発剤を使うが、本陣痛つかず。
誘発剤2日目もつかず。
3日目の3時、ようやく本陣痛。
付いたと思ったらいきなり1分間隔の波。
それから40分くらいで普通分娩にて出産。
…という安産なんだか難産なんだか分からない出産でございます(笑)。
どうも陣痛がつきにくく、ついたら早い体質らしい。
つか家系っぽい。
うちの母親もそうだったらしいので。
お産のタイプって実は遺伝するかも。
お母さんに聞いてみると心構えができていいかもです。


以上、たったこれだけですが私の安産法です。
みなさまのお役に立てればいいな♪

posted by モモカ at 01:02 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | KIDS>おかあさんの知恵袋
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

私は、すごい難産でした。ので、次回もし機会があれば参考にさせていただきます。
Posted by yuko at 2006年01月07日 01:54
うおおん、返事遅れてゴメンナサイ![ウワーン!]
こちらこそよろしくです。
難産だったんですね。
時々2日かかったとか言う方に会いますが、
スッゴク尊敬します…
わたし、多分耐えられなかっただろうなあ…
こんなんでも参考になれば幸いです[ラヴ]
Posted by 結城廉 at 2006年01月26日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11406700
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。